ついに大改正!「新ゴルフルール」の衝撃

ペナルティ基準が変わり、ボール探しも短縮

だが、グラハム・デラエ(カナダ)、ダニエル・バーガー(米国)といった中堅選手たちの一部からは「正しい方向のチェンジではあるが、ルールチェンジはプロとアマを分けて行うべき」などと"総論賛成、各論反対"の意見も出始めた。

プロアマ問わず、世界から意見を募集

「そもそも競技で球を打ったことのないニュージャージーのオールド・ボーイズ・クラブがすべてを決めていることが問題」などとUSGAに不信感を示す選手も出ている。

個性的で強硬派の英国人選手、イアン・ポールターにいたっては「スロープレー対策なら、プロも試合中にレーザー測定器で距離を測ってもいいことにするべきだ」と"極論"を展開するように。

まだまだ、いろんな意見が出てくるだろう。USGAでは今年8月31日まで、プロアマを問わず、広く世界中からのフィードバックをオンラインで募る。そして、USGAとR&Aは寄せられたフィードバックを元にこれらの提言を再検討し、2018年半ばに新ルールを正式発表、2019年1月1日から施行する予定だ。

ゴルフルールのシンプル化、ゴルフの近代化、スロープレー撲滅のために、「我こそは」と思う方は、是非ともご意見を寄せていただきたい。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。