積極的に長時間労働したい人が見落とす盲点

バリバリ働いて成長したい若手の悩み

まずは、あなたの会社のトップや幹部の人たちをよく観察してみたらどうでしょう? きっと、会社の成長期に、全力をあげて仕事をしているとは思いますが、自分で時間をコントロールし、心身を健康に保ちながら高い集中力を発揮しているのではないでしょうか。

「寝食を忘れて働く」のは、デスクの前でだけとは限らないのです。あなたは「もっと働きたい」と思っていて、私はその権利はあると思います。でも「長く働きたい」のではなく、「もっと経験を積みたい」とか「もっと経営を間近で見たい」とか、そういったことに置き換えられるのではないでしょうか。それであれば、私の上司が私に言ってくれたように、夕方にはくたくたになるほどの集中力をもって、「半分の時間で同じ成果」を指向してみてはどうでしょう。そのスキルを周囲から盗むのも学びになるはずです。そしてその力が高まっていけば、あなたには、もっと大きなミッションが「生産性を高めながら」の言葉とセットで任されるのではないか、と思うのです。あなたが就活のときにした覚悟は、きっと生かされると思いますよ。

正しいやり方でたっぷり働く

若いうちに、こういった訓練ができることって、とてもすばらしいと私は思います。「先輩たち、ずるい!」と今言われたら、「若いうちからこのスキルを磨くことの大切さに気づけるなんて、あなたたちのほうこそうらやましい」と言ってしまうかもしれません。将来、働く時間や場所に制約ができたときにも、間違いなくあなたを支えるスキルになるでしょう。

そんな人たちがつくる「働く社会」は、「成果」や「価値」に焦点があたる、ある意味厳しいものになるかもしれない。でも、「長い時間は働けないから、仕事をあきらめる」といったことがなくなっていく未来につながる1歩でもあると思うのです。

あなたはぜひ、正しいやり方でたっぷり働いてください。心身ともに健やかに、ぜひ多くの経験をビジネス社会で積んでいってもらいたいと思います。起業という目標もありますしね! ずっと応援しています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。