医師会「スマホ注意ポスター」は問題だらけだ

スマホを使うと頭が悪くなる?

「コミュニケーション能力が下がる」についてもうちょっと言わせていただけば、「情報を、わかりやすく簡潔に伝える」ことはコミュニケーションにおいて重要な能力でしょう。そして、LINEやTwitterなどのスマホアプリって、意外にも、その訓練には最適なツールなんですよ。スマホにはそういう一面だってあるんです。

私、これまでに多くの子どもたちと接してきましたが、日常生活でコミュニケーション力が高い生徒は、ネットにおいても説明がうまかったり、表現が的確だったり、というケースが多かったです。

道具をどう使うのか、が重要

最初にも書きましたが、別にスマホを擁護するつもりはありません。客観的で長期的で明確な検証データから因果関係を確認し、日常のほかのリスクと比べたうえで、規制が必要と判断されれば、「適切な規制」がなされるべきだと思っています。

そのために必要なのは「検証データ」「因果関係」「具体的な弊害」、そして、今すでにあるリスクとの冷静な比較です。

正直、「包丁は危険か」みたいな議論はもうやめて、包丁という道具をどう使うのかという話を、サッサと始めたいんです。ネット・スマホなんて、ただの道具です。道具なら、「使い方」のほうがはるかに重要なのは、言うまでもありません。短絡的に脅すのは、そろそろ止めにしましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。