医師会「スマホ注意ポスター」は問題だらけだ

スマホを使うと頭が悪くなる?

(イラスト:グリー/大室絵理)

なぜスマホだけ名指し?

脳にもダメージが!

ポスターには具体的な根拠が示されていません。「スマホやテレビを見ると脳の論理的思考をつかさどる部分の血流が変化し、脳が眠っている状態に近くなることがわかった。脳の発達段階では利用を控えるべき」といった仮説の意見が出されているのは事実であり、そのあたりを根拠にしているのでしょう。

しかし、それでもツッコミどころはあります。「テレビを見る行為も一緒のはずなのに、なぜスマホだけ名指しするのか」「昔からテレビを見て育った私の脳には問題があるのだろうか」と疑問に感じます。

過去に話題になった「ゲーム脳」しかり、ネットやゲームの世界って、この手の近視眼的な批判に事欠かないのです。

◆コミュニケーション能力が下がる
◆視力が落ちる
◆体力が下がる
◆睡眠時間を失い、体内時計が狂う

これらに至っては、もう開いた口がふさがりません。……だって「読書」だろうが「勉強」だろうが、度を越えればすべて当てはまります。

次ページコミュニケーション能力が下がる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。