医師会「スマホ注意ポスター」は問題だらけだ

スマホを使うと頭が悪くなる?

最初、このポスターを見たときには、あまりにもツッコミどころが満載なので思わず笑ってしまいました。

でも、お医者さんって、「根拠」「証拠」とか「因果関係」とか「検証データ」とか、そういうものを大事にする世界の方々のはずです。この手のモノを見るたびに、思い出す例え話があるんです。

犯罪者の90%はラーメンを好んで食べている!

(写真:工藤陽介・イラスト:グリー/大室絵理)
・犯罪者の90%はラーメンを好んで食べている
・犯罪者の70%が犯行1週間以内にラーメンを食べていた
・ラーメンを食べたことがない犯罪者は1%以下である
​→よってラーメンは規制されるべきである

 

これは間違いです。規制しちゃダメなんです。いわゆる「疑似相関」と呼ばれるもので、2つの事象に因果関係がないのに、別の要因によって、あたかも因果関係があるように誤解してしまうというものです。このポスターには、この「ラーメン規制」と同じ構図が垣間見えるのです。たとえば、

◆スマホを使うほど、学力が下がる

というキャッチコピー。文部科学省が実施している全国学力・学習状況調査で、スマホの利用時間が長い子どもは平均正答率が低かった、という結果を根拠にしているようなのですが、成績が悪い原因は、好き放題スマホを触らせている家庭の環境のはずです。その子からスマホを取り上げるだけで成績が上がるとは思えません。講演の際に学校の先生方にも聞いてみたのですが、みなさんそろって、「上がらないよねえ(ため息)」という反応でした。

ネット上の意見を見ても、このポスターに筆者のような「違和感」を持っている方は大勢いらっしゃったのですが、「当然だ!」といった意見も少なからず見られました。でも、「違和感」があったのは「学力が下がる」だけじゃなかったんです。

次ページ「脳にもダメージが!」の具体的な根拠は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT