「赤井英和」夫婦が子に託す果たせなかった夢

妻は危険を心配しつつも最後は応援に回った

結婚から3年ほど経ったある日、佳子さんは、テレビで英和さんがボクシングをしている姿を初めて見た。引退のきっかけとなった1985年の試合。それは、佳子さんにとって目を背けたくなるような試合だった。序盤から殴られ続ける夫の姿。ついに第7ラウンドでKO負け。脳出血を起こした英和さんは意識不明の重体に。医師から告げられた生存率は、わずか20%だった。緊急の開頭手術が行われ、手術後、4~5日がヤマという危険な状況。一命を取り留めたのは奇跡的だったという。

夫の勇姿を生で見たことはなかった。TBSテレビ系「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(月曜夜7時~)次回は2月27日(月)夜7時放送です

「『大ケガした人だよね』って、他の人に言われたので、ケガをしたんだな、ボクシングをそれでやめたんだな、くらいには思っていましたけど」

ボクシングは命懸けの危険なスポーツであることを初めて痛感した佳子さんだったが、すでに夫は現役を引退。自分とはもう関係のない世界だと思っていた。

妻の不安と夫の夢、すれ違う思い!?

だが、それから16年後の2012年のある日、佳子さんは、高校生になった長男・英五郎(えいごろう)さんから突然の告白を受ける。

「高校をやめて、ボクシングをやろうと思ってる」

アメフトに打ち込み、ボクシングに興味があるそぶりも見せなかった息子が。佳子さんの脳裏にあの映像がよみがえった。

実は、英五郎さんは、幼い頃からボクシングへのひそかなあこがれを抱いていた。ただ、伝説のボクサーである父と比べられるプレッシャーから、思いを打ち明けられずにいたのだ。

「プレッシャーが嫌だという理由でチャンスを逃したくない」。父・英和さんがボクシングを始めたのも、自分と同じ高校生の時。決断するなら今しかない。

思いもよらない息子の告白に、母の思いは複雑だった。「ボクシングをするために高校をやめるのは反対」。佳子さんは息子にはっきり言ったが、英和さんは喜んだ。息子の告白から1カ月。

英五郎さんがまだボクシングを始めてすらいないのに、500万円もかけて、地下にトレーニングジムを作ってしまった。佳子さんには何の相談もなかった。さらに、息子が4年後のリオオリンピックを目指す、とマスコミの前で宣言してしまったのだ。

次ページまだ始めてもいないのに!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT