両国高校、すごい進学率を支える英語の秘密 「3つのコツ」でスピーキングが得意になる

拡大
縮小

「両国高校に入ってくる子は、もともと地頭がいいからでしょう」という声も聞こえてきそうですが、以前からこのような成果が出ていたわけではありません。当初は英語オンリーの授業に反発があり、従来どおりの教え方をしていたのですが、そのころはここまでの成果は出ていませんでした。実際、全文和訳の宿題を出すのをやめたら、GTECの点数がぐんと上がったのです。

彼らは、帰国子女でも留学経験者でもない、普通の高校生です。そんな普通の公立高生が普通に英語を話せるようになる授業のエッセンスの中から、今回は独学でもすぐに取り入れられるコツを3つ、紹介したいと思います。

コツ1:英語「で」何を話すかに重きを置く

私を含めた多くの読者の方が受けてきたのは、教師が発音する英語を復唱することを繰り返し、場面に応じた英語の型を覚えていく「オーディオリンガル法(AL)」に基づいた授業です。これは、あいさつや定型文などを機械的に反復することで、反射的に言えるようにする指導法です。

けれども現在では、言語習得の研究で「“意味”が含まれない言葉は習得できない」ということがわかってきています。つまり、教科書や参考書などの「出来合いの言葉」を繰り返すだけではダメで、自分にとって意味のある言葉を使うことで初めて、英語ができるようになるということです。

その結果、世界では「コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング(CLT)」という手法が主流になってきています。聞き慣れない用語が出てきて難しく感じられるかもしれませんが、ALとCLTの違いを簡単に言えば、前者は「英語“を”話すことを目的とする方法」、後者は「英語“で”コミュニケーションすることを目的とする方法」です。具体的にどう異なるのか、こちらの図をご覧ください。

教師が言うフレーズを繰り返して型を覚えるオーディオリンガル法(旧来の教え方)に対し、コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチングでは、意味のあるやり取り(コミュニケーション)によって英語を習得する
次ページ自分の興味のあることを
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT