「中国人、韓国人」と日本人が働きにくいワケ

合意重視で計画性のある国民性と合わない

日本と韓国、中国の例も同じ。たとえば、日本人が韓国人と働く場合、積極的に文化的な違いを学ぼうとは思わないでしょう。なので、韓国人が自分の予想していたのとは違う言動をすると、相手を非効率だと思ったりしてストレスを感じるのです。相手がオーストラリア人であれば、最初から文化的な違いがあると理解して、もう少しオープンに対応するのではないでしょうか。

2国間、あるいは多国間の文化の違いにおいて最も重要なのは、「小さな違い」です。異文化を理解するには、何より先に「相手の文化は違う」と認識しなければいけません。だからグローバルスタンダードというのは、非常に危険なコンセプトです。人間も「世界共通」であると考えてしまうと、すべて自国文化の価値観や基準で人の言動を判断してしまうからです。

成果を上げたいなら相手の文化を学ぶべし

――重要なのは歩み寄りかもしれませんが、自分だけ相手に合わせるのは面倒だと考える人もいそうです。

自分が求める成果を上げるには、一緒に働いている人の文化に理解を示し、自分の態度を調整していかないといけません。よく「本来の自分で接するべきか、柔軟な姿勢を優先すべきか」聞かれます。つまり、「日本人的なやり方を重視するべきか、一緒に働く人に完全に合わせるべきか」ということですね。国際的な環境で働く中で成果を出したいのであれば、答えは両方です。いうなれば、左足は本来の自分をキープし、右足は柔軟に動く、というような。

世界で活躍するグローバルリーダーは、この「右足」を十二分に使って、一緒に働く人たちの文化を学ぶこと、より効果的かつ有効的なコミュニケーションをとることに余念がありません。インド人と取引をしているとすれば、どうすればインド人からよい答えを引き出せるかを調べて実行する。英国人と仕事をするのであれば、彼らにとって効果的な方法でコミュニケーションをとる。

ただ、こういう努力をしている企業の経営陣は多くありません。グローバル企業のトップや経営陣に今後求められるのは、各国のビジネスのやり方を熟知し、相手や国、文化によってそのやり方を柔軟に変えることです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。