朝も座れる?「始発がある」首都圏の駅10選

春の新居探しに狙い目の駅はここだ

東京メトロ半蔵門線で大手町まで約8分の好立地にも、平日朝ラッシュ時に始発電車のある駅が存在する(撮影:梅谷秀司)

首都圏の鉄道における朝のラッシュは考えるだけで気が重くなる。とくに便利な都心部に住もうと思うと、職場や学校まで僅かな距離とはいえ、乗りこむのが大変な満員電車を利用しなければならない。

そんなとき、ほぼ座れる電車があればいいのにとは誰もが思うこと。夢みたいな話だが、最寄り駅が始発となる電車があれば、それも可能だ。調べてみると、意外な駅が該当する。春を迎え、新しい職場や学校へ通うために住まいをどこにするか思案している人には、こうした駅の近くも選択肢となるのではないかと思い、リストアップしてみた。

2路線とも始発がある「穴場」

1)清澄白河駅(東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線)

この連載の過去記事はこちら

大手町まで東京メトロ半蔵門線で平均所要時間8分という好立地の清澄白河駅(江東区)。実は、朝ラッシュ時にこの駅始発の電車があるのだ。

半蔵門線は、渋谷付近と押上付近では利用者数の差が大きいため、電車の本数調整をするために清澄白河駅で渋谷方面に折り返す電車が設定されている。このため、この駅の利用者は、はからずも楽に座れる始発電車の恩恵を受けられるわけである。朝の7時台に3本、8時台に4本の渋谷方面行き始発があり、大手町あたりに9時までに到着したいなら利用価値は高い。

次ページ清澄白河は大江戸線も始発電車がある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT