トランプの入国制限、「イスラム教徒」の本音

トランプ支持だった青年も困惑

女性器切断の慣習が残っている西アフリカのガンビア・イスラム共和国から、米国へ難民としてやってきたセラ・ジャイナバさんは、何年にも及ぶ移民局による面接や、生体検査を経て、このほどようやく米国の永住権を得たばかりだ。今は美容師の仕事をしながら、家族とともにシアトルに住んでいる。

一方、パキスタンから移住してきた両親を持つ、ファティマ・カーンさんは米国生まれの生粋の米国人だ。今は専業主婦として、ニュージャージー州に家族とともに暮らしている。

そして、アリ・ラジャさんは苦労の末、学生ビザを取得して米国にやってきた。勉強のかたわら、週に15時間働きながらグリーンカードを取得。米国人と結婚し、帰化した。今は、金融マンとしてニューヨークで働いている。

イスラム教徒で、愛国主義者

3人3様の人生を歩んでいるが、3人とも今回の大統領令は「イスラム教徒追放令である」との見解で一致している。「トランプはこの方法で(大統領としての)地位を築いてきた」とカーンさんは話す。「彼は過去の演説でも、イスラム教徒は敵だとハッキリと言っている」

カーンさんは自らのことを現代的な女性であり、イスラム教の教えにも忠実だと考えている。彼女はスンニ派の男性と結婚した、オーソドックスなシーア派のイスラム教徒だ。同時に彼女は典型的な米国人女性でもある。金融業に携わっていたカーンさんは、娘の誕生とともに仕事を辞め、今では彼女と公園に行ったり、図書館を訪れたりしている。長い休みができると、家族でキャンプやロードトリップを楽しむ。

昨年の大統領選には、実は行かなかった。どちらの候補者も決定打にかけると感じていたからだが、民主党、共和党どちらかと問われれば、共和党に近い考えを持っている。ただし、それより重要なのは、彼女は根っからの愛国主義者であり、米国憲法を心から尊重しているということだ。だからこそ、今回のトランプ大統領の行為は、「反米国人的」と強く感じている。

次ページジャイナバさんを襲ったショッキングな「事件」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT