「小顔になりたい!」を叶えるタイプ別方法

あなたのタイプはアンパン?カレーパン?

「デカ顔化」していませんか?(写真:SAMURAI / PIXTA)
もはや美の象徴ともいえる小顔。実は、痩せなくても、スキンケアだけで実現できる!? そのカギとなるのが、水井流・顔型別小顔スキンケア術。エステティシャンとしての豊富な経験に裏打ちされた小顔ワザの数々を公開!

どんな顔型でも、毎日のスキンケアで小顔になれます

今、実際より“デカ顔化“している女性が増加中!!

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

長時間のPC作業やスマホ操作……。現代女性なら誰もが直面する生活習慣の中に、表情筋や頭の筋肉がこり固まり、老廃物が溜まりやすくなる“デカ顔化“の元凶が溢れています。だからこそ、日々蓄積される問題は、毎日のスキンケアでリセットすることが理想。クリームを塗るときに手のひらで圧をかけるなど、ひと工夫するだけで、実は、顔はキュッと引き締まるのです。ただし、顔の形によってアプローチが変わるので、まずは、自分の顔型をチェックして。

次ページ基本はココからスタート!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。