オープンな組織が「無能な社員」を駆逐する

イノベーションが起きる組織の違いとは?

――著書で「ピーターの法則」に触れている。「階層社会で、人は能力の限界まで昇進を重ね、それぞれ無能になる階層に達する。すると、多くの役職を職責の果たせない無能な人間が占める。仕事は、まだ無能となる階層に達していない人間が行う」とした法則は、かつて日本でも話題となった。レッドハットでもこの法則が働くことはあるのか。

オープンな会社のリーダーになるには、面と向かって「それは間違っている」と言える人かどうかが重要だ。CEOの私でも「この方向は違う」といったことを社員に言われている。

会社にふさわしくない人の場合、周囲から声高に「間違っている」「これは違う」などと批判されると、本人はいづらくなり、自ら辞めていく。周囲から受け入れられない人は責められ、淘汰される。オープンな組織というのは、自然淘汰の機能が働く組織ともいえる。

階層とオープンのバランスをどうとるか

ジム・ホワイトハースト(Jim Whitehurst)/レッドハットCEO。米テキサス州ライス大学卒業。ロンドンスクールオブエコノミクスで教養課程修了。1989年ボストンコンサルティンググループ入社。同社シカゴ、香港、上海、アトランタのオフィスに勤務。1994年ハーバードビジネススクールでMBA取得。デルタ航空COOを経て2007年から現職。ノースカロライナ州ダラムで妻と双子の子どもと4人暮らし(撮影:今井康一)

――レッドハットにおけるピーターの法則は「無能になると居場所がなくなる」「居場所がなくなると自発的に辞めていく」ということか?

社員の中には「こんな会社はばかげている。混乱の極みだ。みんなに意地悪される」と辞めていく人と「まさしくこういうような場所を求めていたんだ」と水を得た魚のように生き生きする人と、二通りに分かれるようだ。

――レッドハットも大所帯となり、階層化は避けられないのでは?

今は1万人体制。これだけ大きくなると、ある程度の階層構造も必要だ。四半期ごとに決算を出さなければならないし、トップダウンで決定することもある。上場企業として秘密も守らなくてはならない。一方、ボトムアップによるオープンな意思決定、イノベーションを目指した意思決定も必要だ。どうバランスを取るかが重要になっている。

会社に変化がなく安定している場合、階層構造はさまざまな問題に対して効率的に対処できる。計画を立てて実行し、徐々に改善していけばいい。ただ、変化への対応力は弱くなる。一方、階層のない組織では、イノベーションや変化に対応する力は高いが、効率が悪くなる。完全な階層構造と完全なオープンの間のどのレベルを目指すかは、それぞれの会社が決めることだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT