ダメな部下という不本意な評価を避ける知恵

上司には「小さく従って」大きな成果を得よ

あるとき、友人と雑談していて、彼の顧客の会社の生産ラインで起きた事件について聞きました。

2人の作業員はいつも同じやり方で製品を梱包していて、仕上がりは完璧だと自負していました。しかし、社長は通りかかる度に「おい、ちょっと梱包が緩いんじゃないか。もっとしっかり固定しなさい」と言います。

社長はあら探しをしているだけだと2人は知っていました。製品は確かに、しっかりと梱包されています。

些細な問題に隠れていること

『成功する人はなぜ、「この7人」を大事にするのか?」(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

作業員Aは言われてすぐにもう1本のテープで箱を縛り直し、社長が行ったあとは外して捨てました。作業員Bは? ――仕事の手を止めて社長に言いました。「梱包は完璧ですよ。きちんと検証もしています」。

Bはこのとき、(Aのやり方はただのゴマすりじゃないか。見せかけだけで、でたらめだ。本当に正しいのは自分だ)と思っていました。

結果、どうなったか? 作業員Aはその後あっという間に昇進し、Bはいまだに生産ラインで働いています。

アシスタントの例と同様、事の発端はとても些細な問題です。しかし、ここには人とうまく付き合うための心理が隠れています。

些細な問題であればあるほど、あなたの心は試されています。服従するか、反抗するか。相手が見ているのは、選択そのものではなく、対応するあなたの態度です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT