ダメな部下という不本意な評価を避ける知恵

上司には「小さく従って」大きな成果を得よ

上司の「敵」ではなく、「味方」になるにはどうしたらいいのでしょうか? 第一に重要なのは自分自身の心構えです。一時的に個人の利益を捨て、一見くだらないように感じたとしても、「最も効果的な手段」を受け入れられるかどうか。仮に運悪く敵のような関係から始まったとしても、自分自身が謙虚さと礼儀を忘れなければ、理解を得られるはずです。

傲慢で不遜な態度や、根気のなさなど、あなたの「ブランド」を傷つける要素はすべて手放しましょう。そうしてようやく、第一関門を突破し、次の試験に進む権利を手にしたことになります。

「いい部下」として認めてもらうための7つの条件

「いい部下」として認められるには、次の7つの条件があります。

①謙虚な「生徒」になる

あなたがどう感じるかはともかく、多くの上司は「自分は権力を持っている」と思っています。守るべきルールは、謙虚な態度で教えを請い、学ぶ姿勢を見せることです。決して、相手の考えを正面から否定することではありません。

②忠実な「助手」になる

管理職にとって最大の苦悩が、山のように仕事がたまっていようとも、誰にも任せられない状況です。アンケートによると、多くの管理職が「信頼できる部下がいない」と感じた経験を持つといいます。上司を楽にしてあげることができれば、相手はあなたを頼れる部下と見なすようになるでしょう。

③熱烈な「ファン」になる

「チームを引っ張ってくれる」「業績もミスも正しく評価する」「部下を対等に扱ってくれる」といった立派な上司がいる場合は、熱烈なファンとしての態度を示しましょう。こうした上司は性格もシビアなことが多く、時に寂しさや孤独を感じています。理解と尊敬の念を示すことで、相手は安心感を覚えるはずです。

④主人を敬う「しもべ」になる

「敬う」とは、相手にへつらいお世辞を言うことではありません。相手のいいところを認め、それが相手に伝わるように敬意を表すことです。効果的なのは、直接伝えるのではなく、誰か別の人の前で上司を褒め、それが本人の耳に入る状況をつくること。もちろん、口先だけではなく、上司の長所や功績をきちんと理解して評価したうえでの話です。

次ページ⑤~⑦は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。