「金をコツコツ買う」は、どうして有効なのか

すでに金価格は底入れ、ジワジワと上昇へ

金はこれからジワリと上昇しそうだ(写真: bee / PIXTA)

金価格が堅調だ。今回も金を保有することがいかに大事かについて、お話をさせていただくが「金に興味はあるけど、価格がわからない」という方は、まずはこの無料チャート(非営利団体のワールドゴールドカウンシル)を見てから読み進んでいただきたい。「1トロイオンス(約31.1グラム)がいま1200ドルくらい」というのがわかるだけで十分だ。

実は、金を保有していた投資家は、トランプ大統領の就任前の記者会見をきっかけとした今回の「株安ドル安局面」において、その痛みは少なかったのである。前回の本欄「トランプ相場に一喜一憂しない『金投資法』」でも解説したように、全ての局面で有効とはいえないが、マーケットの下げ局面でも金を保有していれば、ポートフォリオの保全が可能になることは少なくない。

金価格はすでに「底入れ」している

金融市場では、昨年11月の米大統領選以降の株高・債券売り(金利上昇)・ドル高を背景に金は大きく売られてきた。その結果、大統領選前には1オンス1300ドル台で取引されていた金価格は、その後大きく値を崩し、1100ドル台前半にまで下落した。

だがトランプ米大統領が掲げる政策への期待を背景に、トランプラリーが続く中、実は金価格が静かに底打ちをしていた。それまで大きく売られてきた金価格は、実は昨年の12月23日には底打ちをしていた。

この日はクリスマス休暇前の最後の取引日である。それまでの下落基調を続けてきた金価格は、1100ドルの節目を割り込まずに、この日を境に反発し始めていたのである。それに遅れて金融市場は変化を見せた。ドル円がドルのピークをつけたのは、年が明けての1月3日である。ダウ平均株価は1月6日、過去最高値を更新し続けたナスダック指数は1月13日が直近の高値となっている。また日経平均株価は1月5日にザラバ高値をつけている。

次ページ金で儲ける「必勝パターン」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT