「ムダな努力」を削るヤフーの戦略を担う男

根性に「逃げる」のはもう終わりにしよう

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

キーワードを基にビジネスのヒントを聞く日テレNEWS24・デイリープラネット「飛躍のアルゴリズム」。今回はヤフー・チーフストラテジーオフィサーの安宅和人氏。急速に進化する人工知能。AIは私たちの生活をどのように変えるのか?

「ヤフー、チーフストラテジーオフィサー」の安宅和人氏に聞く「飛躍のアルゴリズム」。1つ目のキーワードは「根性に逃げない社会にする」。この言葉の背景とは?

安宅氏は、1993年に東京大学大学院生物化学専攻にて修士号を取得後、アメリカに本社を持つ経営コンサルタント会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。4年半の勤務後、エール大学・脳神経科学プログラムに入学。2001年博士号を取得し、マッキンゼーに復帰。

そして2008年にヤフーに入社。COO室などを経て、2012年から現職で幅広い経営課題やデータ利活用の推進にかかわっている。

“手計算”でやっても勝てない

――安宅さんはブランド戦略や経営課題の解決のほか、インターネットやAI(=人工知能)の時代に社会全体がどう変わろうとしているか、またどう変わるべきかを広く研修をしたり提言をされたりしています。その中で、最初に「根性に逃げない社会にする」ということですが、どういった意味なのでしょうか。

これはですね。やっていても、詮ない努力をしない社会にするということですね。例えば、コンピューターでこのぐらいのことを一瞬でできる時に、手計算とかそろばんでやっていたって勝てないじゃないですか。だから、明らかにワークしない努力の仕方をやめる。

次ページ仕事とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT