「ほめ方が下手な人」に共通する残念な考え方

自分目線を基準にしていたら相手に届かない

逆の視点に立って考えてみましょう。同じ職場の人があなたのいつも飲んでいる缶コーヒーの銘柄を覚えてくれて、疲れ切っているときに「ほら、差し入れ」とスッと差し出されたら、「えっ、よく覚えていてくれたなぁ!」と思わず笑みがこぼれてしまうのでは。

相手の好きなものを知ることは…

相手の下の名前、好きなこと、好きな料理、最近うれしかったこと、悩んでいること……。これらのことに思いを馳せ、知ろうとするのは、ほめるためのプロセスとして実はとても重要なことなのです。それは、その人を好きになろう、長所を見つけようとする行為そのものだからです。

相手の好きなものを知ることは、相手との距離をぐっと縮めてくれるだけではありません。他人と同じ世界を共有することで、他人と自分が一体となれるのです。

具体的に私がお勧めしているのはとても簡単。「1日10秒でいいから、ほめたい相手のことを思い浮かべる」ということです。大切なのは、相手のことを知ろうとする心。自分のことを見て、心配してくれる人がいる――。これはすごくうれしく、頼もしいことです。

女性であれば「髪型、変えたの?」「新しいネイル、かわいいね」と言葉をかけられるだけで「自分のことをちゃんと見てくれているんだ」と感じ、満たされた気持ちになります。男性でも「表情が引き締まっているね」などと言われれば、悪い気はしないでしょう。ほめたい相手をちゃんと見ること。そして、「ちゃんと見ているよ、ちゃんと考えているよ」というサインを送ることが、ほめる第一歩です。慣れてしまった関係だと、なかなか相手のことを考える機会もないものです。

ここ数日でどんな、ほめるところがあったのか。

「そういえば、ゴミ出しを手伝ってくれていたな」

「夕食をおいしいと言ってくれたな」

もしも相手が夫なら、こうしたことを思い出すかもしれません。日々のささいな出来事でも、ほめるポイントはいろいろ見つかるのではないでしょうか。

次ページ相手がほんとうに大切に思っていることを
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?