国際政治力学が変わり、EUはもはやバラバラ

テロ、英離脱、トランプ出現で「不穏」な欧州

EUにとって不幸なことに、米国のトランプ新大統領はロシアとの関係を改善するという。東西冷戦の終結で欧州とロシアの緊張関係は緩和したが、欧州はロシアとの関係が今でも最大の政治・安保問題だ。ロシアの力が強くなることは、それだけ欧州への脅威が増大することになる。

しかも、EUとロシアの境界に位置するウクライナの問題に対して、トランプ氏はさほど重要視しない発言を行っている。ロシアによるクリミアの併合にしても、ウクライナ東部のロシア系住民への援助にしても、未解決であるのにだ。クリミア併合を容認する姿勢さえ示したことがあるという。

シリア問題でも影響力弱まる欧州

さらにトランプ氏は、過激派組織ISとの戦いでも、ロシアと協力する方針を示している。そうなるとアサド政権にも協力することになる。これは本来、EUのみならず、米国にとっても忌むべきことだ。米国の新政権がそれでも方向転換を行うというならば、EUとしては止められないが、不愉快に思うだろう。

シリアにおいてIS対策にオバマ政権が十分な効果を上げられない間に、ロシアとトルコの影響力が増大し、2016年12月末には両国の主導によって、米欧抜きでシリア政府と反政府勢力の停戦が実現。シリアのアサド政権は存続することとなった。以前からアサド大統領の排除を目標としつつ、主導的な役割を担ってきた米国とEUの影響力が、少なくとも一時的に後退したことは明らかだ。

そんな中で見えてきた、トランプ氏のロシア重視、そして欧州軽視になりかねない姿勢は、EUと米国の間で亀裂を生む恐れがある。EUは難民・移民問題を抱え、統合に黄色信号がつきかけているが、外交には長けている。今後欧州が米国、ロシアとどう間合いを取るか、注目だ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT