フリーゲージは四国新幹線の救世主となるか?

FGTの秘めたる可能性

FGTの課題とは

FGTには課題もある。台車が重く線路が傷みやすいとして、JR西日本は08年に山陽新幹線への乗り入れに否定的な見解を示している。もっとも、その後、同社が今年2月に発表した中期経営計画では、2017年度までに自前でFGTを開発すると表明した。これは北陸新幹線大阪延伸をにらんだ対応であるが、当然、山陽新幹線への乗り入れる「四国新幹線」も視野に入れているだろう。鉄道運輸機構でも試験結果を踏まえた新たなFGTを開発中であり、新車両では現行車両の欠点が改善されている可能性もある。

根本的な問題は技術的な問題というよりも、むしろ四国4県や経済界が、高速運行できるホンモノの新幹線を望んでいることだ。背景には北海道新幹線が開通すると、四国だけが新幹線空白地帯として取り残されてしまうという危機感もあるに違いない。

今年6月には、四国知事会議で新幹線導入に向けた基礎調査を行うことが決定された。FGTと比べ、新幹線となると新線建設や線形改良など多額の投資が必要で、実現は容易ではない。だからといって、FGTで満足してしまうと、将来の新幹線導入への道筋がストップしてしまうかもしれない。一見、便利なFGTだが、悩ましい問題を抱えているのである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT