VW世界販売、2016年は過去最高1030万台 

トヨタを抜いて業界首位へ返り咲き

 1月10日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、2016年のグループ全体の販売台数が過去最高の1030万台になったと発表した。写真はロゴ、米デトロイトで撮影(2017年 ロイター/Mark Blinch)

[ベルリン 10日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は10日、2016年のグループ全体の販売台数が過去最高の1030万台になったと発表した。トヨタ自動車<7203.T>を上回り、販売台数で業界トップに躍り出る見通しだ。

同年は排ガス不正問題への対処を迫られる年となったものの、販売台数は12月に12%急増し、通年の数字を押し上げた。

中国と米国で2桁台の伸び率となったことが寄与

高級車ブランドのアウディとポルシェの12月の納入台数は93万3300台で、前年同月の83万4700台から増加。中国と米国で2桁台の伸び率となったことが寄与した。16年通年では3.8%増加した。

競合トヨタ<7203.T>は前月、16年の販売台数が従来予想(1011万台)を若干下回る1009万台になるとの見通しを示している。トヨタは2月初旬に通年の販売台数を発表する。

北ドイツ州立銀行のアナリスト、フランク・シュウォプ氏は、VWは今年も業界首位を維持できる見通しだが、ライバル勢との差は縮小すると予想している。VWグループ全体の売上高の40%近くを占める中国は、小型車の減税措置を縮小、または段階的に終了する見通しで、「VWは中国でその影響を最も受けやすい」という。同氏はVW株の投資判断を「ホールド」としている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。