メイ英首相、新たな駐EU大使にバロー氏指名 

ロジャーズ氏の後任はベテラン外交官に

 1月4日、英国のメイ首相は、突如辞任を表明したアイバン・ロジャーズ駐欧州連合(EU)大使の後任として、元駐ロシア大使のティム・バロー氏(写真)を指名した。2016年4月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst/File Photo)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英国のメイ首相は4日、突如辞任を表明したアイバン・ロジャーズ駐欧州連合(EU)大使の後任として、元駐ロシア大使のティム・バロー氏を指名した。

バロー氏は30年の経験を持つベテラン外交官で、現在は外務省の政治担当ディレクターを務めている。これまで英国のEU離脱を明確に支持する立場を公式に表明したことはない。駐EU大使への就任は来週となる。

バロー氏は英首相府の声明で、「EU離脱の際に英国にとって適切な結果が得られることを確実にする」と表明した。首相府は同氏について「経験豊富でタフな交渉担当者」だとした。

ロジャーズ氏はスタッフへの辞任表明書簡で、メイ首相のEU離脱交渉上の方針はEU大使側には伝わっていなかったと明らかにした。首相はEU離脱手続きを3月末までに正式に開始する意向を示しており、ロジャーズ氏の辞任は交渉入り直前のタイミングとなっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。