メイ英首相、新たな駐EU大使にバロー氏指名 

ロジャーズ氏の後任はベテラン外交官に

 1月4日、英国のメイ首相は、突如辞任を表明したアイバン・ロジャーズ駐欧州連合(EU)大使の後任として、元駐ロシア大使のティム・バロー氏(写真)を指名した。2016年4月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst/File Photo)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英国のメイ首相は4日、突如辞任を表明したアイバン・ロジャーズ駐欧州連合(EU)大使の後任として、元駐ロシア大使のティム・バロー氏を指名した。

バロー氏は30年の経験を持つベテラン外交官で、現在は外務省の政治担当ディレクターを務めている。これまで英国のEU離脱を明確に支持する立場を公式に表明したことはない。駐EU大使への就任は来週となる。

バロー氏は英首相府の声明で、「EU離脱の際に英国にとって適切な結果が得られることを確実にする」と表明した。首相府は同氏について「経験豊富でタフな交渉担当者」だとした。

ロジャーズ氏はスタッフへの辞任表明書簡で、メイ首相のEU離脱交渉上の方針はEU大使側には伝わっていなかったと明らかにした。首相はEU離脱手続きを3月末までに正式に開始する意向を示しており、ロジャーズ氏の辞任は交渉入り直前のタイミングとなっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT