女子中高生の2017年「あけおめLINE」事情

「自撮りメッセ」も正月バージョン

高校生はTwitterも活用します。「Happy New Year! 2017年もよろしくね」などの言葉とともに、初詣でで撮った自撮り写真などを投稿します。

ところで、「あけおめLINE」をきっかけに、好きな人にLINEを送る中高生も多いようです。LINEはいつでも連絡が取れますが、なんとなく会話が終了してしまっていることがあります。「みんなに送っているから」という理由づけで、片思いの相手に連絡するのです。そこから会話が続いて、うまくいけば一緒に初詣でも狙えるかもしれません。また、元カノや元カレにもしれっと送る人もいるようです。こちらの発展は難しいかもしれませんが、新しい年をきっかけに何が起こるかわかりませんよね。

そして、自撮りが大好きな中高生には、「自撮りメッセ(メッセージ)」と呼ばれる文化があります。これは、自分の自撮り画像に相手に向けたメッセージを画像編集アプリで描いた画像を送ることを指します。

誕生日のお祝いやふとしたときに、仲のいい友人や彼氏、彼女に向けて、「いつもありがと」などの言葉を入れ、とっておきの1枚を作るのです。自撮りといえば複数で撮ることが多い中高生ですが、自撮りメッセの場合は自分だけで写した画像も多く使われます。SNOWなどの自撮りアプリで撮影した写真に、ピンク色の手書き文字などが入り、アイドルのブロマイドのような画像が作られます。

現代版「写真入り年賀状」

友人が盛れてる画像を受け取っても微妙なのでは……と筆者は長いこと不思議に感じていました。しかし、誰かがTwitterやLINEで「自撮りメッセ欲しい人ー!」と呼びかけると、「ちょうだい」と名乗りを上げる中高生が多いのです。そして、友人からもらった自撮りメッセをTwitterなどで公開し、自慢すらしています。友人が自分のためだけに画像を作ってくれたこと、それがたくさん集まったことは確かにうれしいですよね。

この自撮りメッセですが、年始の場合は少し状況が違ったのです。「あけましておめでとう」などの言葉を添えた1枚の自撮りメッセを、複数の人宛てに送っていました。そう、これはまさに、「写真入り年賀状」です。中高生の「自撮りメッセ」は新たなカルチャーだと感じていたのですが、古くからある風習がデジタル化しただけなのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT