南ア産の「オリーブオイル」は意外と侮れない

日本でもそのうち、お馴染みになるかも

家族経営のオリーブオイル業者レッタスクラールを担うヘスティー・ルートさん (2016 Ilana Sharlin Stone)

南アフリカがオリーブオイルの産地だと言われても、ピンとこないだろう。だが、南アのオリーブオイルは同国産のワインと同様、世界的に有名になりつつある。

南アのオリーブオイルの約90%は、ぶどう畑にオリーブ畑が隣接する風光明媚な渓谷を抱える西ケープ州ないしは、そのはるか北にある半砂漠地帯のカルー盆地で生産されている。

業界団体SAオリーブのニック・ウィルキンソン会長は「過去8年間で南アのオリーブオイル生産は倍増し、年間240万リットルに達した」と語る。ウィルキンソン氏とその妻のブレンダさんが経営する中規模製造業者リオラルゴ社の農場は、ケープタウンから車で1時間半の場所にある。

産業規模は小粒だが品質は高い

南アのオリーブオイル業界は1950年代にイタリア移民が創設。現在は生産業者数が160と小規模なものの、品質は総じて高い。リオラルゴ社の製品は2016年に日本とロサンゼルスのコンテストで金賞を受け、ニューヨークでの国際コンクールでも最優秀賞に輝いた。

南ア産のオリーブオイルのほとんどは上質なエキストラバージンだ。ウィルキンソン氏は、「二次生産に回すほどの量がないため、品質も下がらない」と説明する。大手の1、2社を除けば、生産者はオリーブの実を収穫してすぐ、加工に回す。

次ページなぜ南アフリカでオリーブオイルなのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。