プーチン氏、「2プラス2」再開を日本側に提案

2013年に1度開かれたきり

 12月15日、日ロ首脳会談に同行して来日したロシアのラブロフ外相(写真左)は、プーチン大統領が安倍首相に外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の再開を提案したことを明らかにした。キルギスタンで9月撮影、ロシア政府提供(2016年 ロイター)

[長門市(山口県) 15日 ロイター] - 日本とロシアの首脳会談に同行して来日したロシアのラブロフ外相は15日夜、記者団に対し、プーチン大統領が安倍晋三首相に外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の再開を提案したことを明らかにした。

両国の2プラス2は、2013年に1度開かれたきり。プーチン大統領の提案に安倍首相も肯定的な反応を示したといい、ラブロフ外相は記者団に「合意するだろう」と述べた。

このほか両首脳は、日ロの領土問題やアジア大平洋の地域情勢、シリア、ウクライナについても議論したという。

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。