欧州を揺さぶる「壊し屋トランプ」の恐怖

メルケル首相の側近らは頭を抱えている

 12月13日、トランプ次期米大統領(写真)は就任後に態度を改めるどころか、当初考えられていたより遥かに分裂をもたらす政策を実行しそうだ──。欧州当局者らは日に日にこうした懸念を募らせている。ウィスコンシン州で撮影(2016年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ベルリン 13日 ロイター] - トランプ次期米大統領は就任後に態度を改めるどころか、当初考えられていたより遥かに分裂をもたらす政策を実行しそうだ──。欧州当局者らは日に日にこうした懸念を募らせている。

メルケル・ドイツ首相のホイスゲン顧問(外交担当)は先月末、ベルリンの会合で、大統領就任という現実に直面すればトランプ氏も姿勢を変えざるを得ないと語った。トランプ氏は主要閣僚に共和党主流派のロムニー氏などの起用も検討しており、「心強い」と。

新たな懸念

その2週間後、トランプ氏が「大統領モード」に転じるとの期待は去り、代わって新たな懸念が持ち上がっている。

トランプ氏は環境保護局(EPA)長官に地球温暖化に懐疑的な人物を指名、台湾を巡って中国と対立、複数のゴールドマン・サックス出身者を主要ポストに起用した。

こうした姿勢を見る限り、欧州は対ロシア政策からイランの核問題、自由貿易、気候変動に至るまで、幅広い論点を巡り米政府と対立を余儀なくされる恐れがある。場合によってはEU統合もその中に入ってくるかもしれない。

当地のムードを探ろうと最近ワシントンを訪れた西欧の上席外交官は「一貫性のある政策が打ち出されるというより、その逆になるであろうことが日ごとにはっきりしてきた」と断言。「どこから見ても分裂的だ。トランプ氏がどの分野について、どのような方法で分裂を引き起こすことになるかは誰にも分からない。しかしわれわれは、トランプ氏とはそういう(分裂の好きな)人物であり、それが彼の戦略の一部だとの見方に至りつつある」と述べた。

次ページ人事が二転三転
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT