トヨタも認めた自動車部品「メガ企業」の正体

ドイツ勢が日本中に開発拠点を続々開設

コンチネンタルだけではない。世界最大の部品メーカー・独ボッシュは、16年2月に「システムエンジニアリング」部門を日本に新設。シャシー(足回り)やステアリング(操舵機構)などの部品の組み合わせから電子制御の調整まで、横断的に統括する組織だ。

これにより「複数の部品とソフトウエアを一体化させ、ユニットにまとめたものを提案できる」(ボッシュ・シャシーシステムコントロール事業部長のルッツ・ヒレボルド氏)という強みが生まれる。ボッシュは21年までの6年間で日系完成車メーカー向けグローバル売上高を毎年10%以上増やす方針だ。

ドイツ勢が続々と拠点を設ける理由

トランスミッション(変速機)などで高シェアの独ZFも、15年秋に研究開発センターを横浜に開設し、2年間で70人のエンジニアの採用を予定するなど、規模を拡大中だ。

このようにドイツの「メガサプライヤー」が続々と日本の拠点を拡充している背景には、完成車メーカーと部品メーカーの関係の変化がある。

従来は完成車メーカーが新規の部品の開発要件や図面を提示し、「下請け」である部品メーカーがそれに従って開発・生産を手掛けていた。

だが、完成車メーカーの開発領域は環境技術や自動運転など、かつてないほど広がっており、すべてを自前で開発するのは難しい。加えて多くの部品で電子化が進み、機械的な「すり合わせ」の必要性が薄れてきた。そのため汎用的な部品については、開発の上流部分から部品メーカーに任せたいのが実情だ。

次ページ部品メーカーに求められるものとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。