食費にムダの多い人が知らない「知恵と発想」

頼るべきはコンビニと白モノ食材!

さらに、最近注目しているのが店内で調理しているお惣菜だ。もし近所のコンビニで見かけたら、決してバカにしてはいけない。コロッケやから揚げなど揚げ物が多く、1パック100円台とかなりお手頃価格になっている。もし今晩スーパーでお惣菜を買おうと考えているなら、その前に一度コンビニに立ち寄って、値段をチェックしてからにするのが正解だろう。

コンビニを利用する層は、今後は若者より高齢者が増えていく。日々の食事をコンビニで調達するお年寄りも多くなるだろう。今後も彼らが手が出しやすい価格にシフトしていくと考えれば、コンビニは食費節約の助っ人としてますます期待できるはずだ。

冷蔵庫の死蔵品でカタカナメニューができた

『「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

もうひとつおすすめしたいのが、市販のドレッシング、調味料類の活用だ。使い切れずに冷蔵庫の場所ふさぎになっていることも多いかもしれないが、使用期限が来て捨てるだけでは悲しいし、おカネのムダだ。ここでも発想を変えてみると意外な味が楽しめる。

寿司酢が余っていたら、キャベツを刻んで耐熱容器に入れ、寿司酢を適量加え、そこに粒マスタードをさらに加えて、レンジでチンする。これでなんちゃってザワークラウトが出来上がる。つけ合わせにすれば、ただのキャベツの千切りよりも、料理の格が上がるだろう。

鍋の次の日は、使い残しの白菜と薄切り肉を容器に入れ、胡麻ドレッシング(しゃぶしゃぶ用のごまだれでも可)を加えてチンすると、これだけで箸休めの一品が出来上がる。以前、某ドレッシングメーカーに話を聞いたことがあるが、ドレッシングには「さしすせそ」の味噌以外のすべての調味料と油が含まれているので、これ一本で調味ができるそうだ。冷蔵庫に眠らせておくのは実にもったいない。冷蔵庫の余り野菜とちくわを刻んで、上記のように好みのドレッシングを加えてレンジでチンすると、お弁当おかずサイズの一品が簡単にでき、冷蔵庫もすっきりするというものだ。

食費こそ、工夫次第で安く、そして楽しく減らすことができる。料理アイデアに自信がない人は、安い居酒屋のメニューを観察するといい。一品300円台のおつまみを見れば、どんなものが安く作れる料理かがわかるはずだ。おカネは有限だがアイデアは無限。節約をバカにするのではなく、ぜひ楽しんでほしいと思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT