食費にムダの多い人が知らない「知恵と発想」

頼るべきはコンビニと白モノ食材!

地味な料理を変身させる「お化粧」食材も侮れない。先にも書いた卵がそれだ。ニラモヤシ炒めを普通に作っても大衆食堂の激安メニューだが、丸く薄焼き卵を焼いて、それで炒め物を包むと、見た目はベトナム料理でおなじみのバインセオ風といえなくもない。子ども用にはケチャップでクマの絵でも描いてあげると喜んでくれるだろう。卵で包む・とじる技を覚えておくと、なにかと重宝する。

さらに、お手頃な値段で買えるお化粧食材が、天かすだ。たぬきうどんの名わき役、あのコロコロした形が郷愁をそそるが、その実力は見た目だけではない。豆腐とタマネギなどの余り野菜を出汁で煮て、しょうゆとみりんで味をつけただけの簡単な煮物でも、天かすを投入すると突然ぐんと味にこくが出る。具が足りないと思ったら味噌汁に入れてもいい。天かすは、あっさりした汁ものをこってり味に変身させてくれるハイパワーの持ち主なのだ。

大根おろしは、まさに色白のお化粧食材だ。ただの青菜のお浸しも、ツナ缶を開けただけでも、おろしあえにすると様になる。出来合いのトンカツや唐揚げだって、そのまま出すと味気ないが、だし汁で煮て大根おろしを加えてみぞれ煮にすると、さっぱりとした品のいいおかずに変身する。体も温まるので、冬メニューにはぴったりだろう。

スーパーよりも実は安上がりなコンビニ惣菜

食費節約の王道ワザに、「まとめ買い」がある。大サイズで割安に食材を買って使い切る、というのだが、これは案外ハードルが高い。下処理に手がかかるからだ。野菜なら洗って下ゆでしたり、肉なら小分けに切って下味をつけたりと、忙しい人にはかなりの手間だ。

そもそも大サイズの食材は値段も大きくなる。それより、たとえ割高でも使い切りサイズを買う方が、財布から出す金額は少なくて済む。

ここで役に立つのが、コンビニだ。スーパーに比べて価格が高いイメージは今や昔の話。大体のコンビニは大手流通の傘下にあるため、スーパーと同じPB商品を扱っている。しかも、少人数家族向けの商品を増やしているので、量も適正でしかも安い。とくに冷凍食品は小サイズで、1袋100円台で買えるものが多く、重宝する。

あるコンビニでは焼き餃子5個入り100円で売っているが、夕食にもう一品足したい時には助かるコスパだろう。高値が続くため人気が高まっている冷凍野菜も、やはり100円ほどで買えるのはありがたい。

次ページ市販のドレッシングを活用する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT