株式投資の「空気を読む」に潜む罠とは?

「情報カスケード」の発生、群衆行動が誤る日

「最初の2人がたまたまAという情報を受け取った」

レストランの評判を事前に得ていても、それを無視して賑わっているほうに並んでみたり。(撮影:風間仁一郎)

一度情報カスケードが発生すると、それ以降の客も同様に、自分の情報を捨てて前の客の行動に合わせるため、混んでいるレストランにはどんどん客が入っていくようになる。

このストーリーでは、情報カスケードによって引き起こされる群衆行動を、〝合理的〟な参加者たちの意思決定から導いている。ただし、ここでいう合理性とは、あくまで個人が自分の満足度(おいしい店を選ぶ確率)を最大化している、という意味での合理性であって、全体として望ましい結果が実現することを保証するわけではない。

この点を、先ほどの例を振り返りながら確認しておこう。最初の2人がAを選ぶと、3人目以降は自分の情報を一切参考にせず、Aを選び続ける。つまり、3人目以降の行動には、彼らが得ていた情報がまったく反映されなくなってしまう。

見方を変えると、たとえ客が全員レストランAを選んでいたとしても、そこから読み取ることができるのは、「最初の2人がたまたまAという情報を受け取った」事実にすぎないのだ。

極端にいえば、3人目以降のすべての客が、Bの方がおいしいという情報を得ていたかもしれない。この場合には、実際にはAではなくBのほうがおいしい可能性が高い。つまり、もしもすべての客が得た情報を観察することができるなら、全体としての最適な予想はBとなる。

にもかかわらず、(正しい情報を知らない)客はBではなくAを〝合理的〟に選び続け、結果として、全体としては〝非合理〟に見える群衆行動が発生する。まずいレストランに行列ができる場合もあるのだ。

次ページこれを株式市場に当てはめる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT