“一匹狼”のホンダが、GMと組んだ事情

燃料電池車で技術提携結ぶ

米国で会見したホンダ・岩村哲夫副社長(右)とGM・スティーブン・ガースキー副会長、報道陣も殺到した(ホンダ提供)

ホンダは、「あらゆる提携の可能性は常にある」(ホンダ・伊東孝紳社長)と他社との連携を否定していなかったものの、ある開発幹部は「FCEV開発ではホンダは最先端を行っており、他社と提携する必要性はない」と言及。過去の経緯もあり、相対的に独立志向が強いと見なされていた。

改めてFCEVとは、酸素と水素の化学反応で電気を取り出す燃料電池(FC)で動かすモーター動力源とした電気自動車(EV)。排出するのは「水」だけで“究極のエコカー”“究極の環境自動車”などとも呼ばれる。FCEVは自動車としてはすでに基本的な技術は確立されている。

だが、普及に向けては大きな課題がある。まずはコストの問題だ。現在、各社がリース販売や実験で用いている車両は、いずれも1台当たり億円単位のコストがかかっているとされ、大幅なコストダウンができなければ、普及はとうてい望めない。

莫大な投資負担を軽減、技術も補完

今回、ホンダがGMとの共同開発に踏み切った狙いは、FCEVの開発費負担を軽減するとともに、試作車段階も含めた部材調達でのスケールメリット、不得意な技術の補完などにあるようだ。ホンダは1990年代にGM車向けにV6エンジンを供給したり、カーテレマティクスの分野で協業したりと、両社の技術部門を中心としたもともとの交流関係も背景にあった。

両社が共同開発を手掛けるのは、酸素と水素を反応させるFCスタックと、水素を搭載する高圧水素タンクの2つの分野。いずれもFCEVに特有の部品で、それゆえ性能とコストを左右する重要部品だ。FCEVの技術では、化学分野でGMが、装置の小型化などのメカ技術ではホンダが強みを持つ。共同開発に当たっては、両社がそれぞれ保有するFCEVに関する知的所有権を互いに開示し、活用する。

ホンダはすでに独自開発の次世代FCEVを2015年に市販化することを発表している。共同開発技術を用いたFCEVは、2020年に「手ごろな価格」(ホンダ・岩村哲夫副社長)で、次々世代のFCEVとして投入する。

次ページ燃料電池車の歩みとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT