英FTのカタいグラフ、インスタで人気の理由

1年でフォロワーが25万人増加

図表やグラフィックの意外な発表の場とは?(写真 :Flatpit / PIXTA)

英経済紙「フィナンシャル・タイムズ(FT)」は、図表やグラフィックの意外な発表の場を見つけた。インスタグラムだ。

1年前、FTのインスタグラムアカウントのフォロワー数は4万人だった。現在、その数は28万6000人を超え、さらに1日に数千人単位で増え続けていると、FTは述べている。

「我々にとって重要な課題は、単にほかのパブリッシャーと同じことをして参入するのではなく、独自の声とアイデンティティーを示すことだ」と、FTのソーシャルメディアジャーナリスト、ジェイク・グローバム氏は語る。同氏は、多くのパブリッシャーが同じニュース通信社から画像を入手していると指摘した。「だからこそ我々は、米国債と英国債のパフォーマンス動向を示すグラフのような、インスタグラムに必ずしもなじまないものを投稿するのだ」。

1日に1~4件のグラフやインフォグラフィックを投稿

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

たとえば、10月20日から21日にかけて、FTはインスタグラムにグラフ2点とグラフィック1点を投稿した。新規株式公開(IPO)以来の最高値に達したマイクロソフトの株価に関する投稿は、インスタグラムでこの日もっとも多くの「いいね!」1400件を獲得。また、歴代の米大統領選に討論会が及ぼした影響に関するグラフと、火星探査機「スキャパレリ」のミッションの経緯を説明するインフォグラフィックも投稿した。これらは、紙面から転載したグラフや、ソーシャルメディア専用の制作物などさまざまで、背景を黒にするなど、配色が変更されている。

インスタグラムはその用途の広さを証明した。マイケル・ブルームバーグ氏が大統領選に立候補すると発表したときのようなニュース速報にも使われる。同様に、インスタグラム専用に制作された記事、たとえばロンドン金融地区周辺の人々(デリのオーナー、ニューススタンドを営む夫婦、教師、仕立職人など)に関する記事にも有効だ。

グローバム氏は、ロンドンのソーシャルメディアスタッフ3人と連携し、通常であれば1日に1~4件の画像を投稿する。以前の投稿ペースははるかに散発的だった。

次ページさまざまなスタイルの投稿
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。