富士世界遺産、大本命企業の“自負"

設立以来90年近く富士山に密着

2012年7月からは、富士山のあらゆる情報を提供するWebサイト「フジヤマNAVI」を立ち上げた。この4月からは、外国人旅行客を意識して4カ国語に対応、情報サービスの点での観光客への利便性を促進させている。

富士山関連企業としての強烈な自負

「富士を世界に拓く」――。これが、富士急の創業精神だ。同社は世界に向けて富士山の魅力をアピールし続け、世界遺産登録に向けて、環境整備の取り組みなど、あらゆる方面での支援に携わってきた。

4月末のイコモスによる登録勧告の発表時には、「世界から富士山周辺に訪れる皆様へ弊社でなければ出来ないおもてなしを提供するとともに、『世界文化遺産』にふさわしい地域づくりに貢献したい」(富士急)とのコメントを発表。設立以来90年近くにわたって、富士山一筋にひた走ってきた“大本命”企業の自負がここに現れている。

「日本の富士山」から「世界の富士山」へのバージョンアップが期待できる今、富士急もまた、これまで築き上げてきた富士山への投資と整備の効果を享受する時期にきている。

(写真:富士急車両は尾形文繁が撮影)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。