米大統領選、トランプ候補が勝利宣言

民主党のクリントン候補が祝福

 11月8日、米大統領選挙は、共和党のトランプ候補が予想を覆して勝利を収める見通しとなった。写真はニューヨーク・マンハッタンの自陣営本部で撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[9日 ロイター] - 8日に投開票が行われた米大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプ候補が予想を覆して勝利を収めた。選挙人獲得数は勝利に必要な270人を超えた。来年1月20日に大統領に就任する。

トランプ候補はニューヨークで支持者を前に演説、民主党のクリントン候補から祝福の電話を受けたことを明らかにし、勝利宣言した。

選挙戦で生じた亀裂を修復し、共通の基盤を見いだす時だと主張、国民に結束を呼びかけた。

「ひとつに結束すべき時が来た。私は全てのアメリカ国民のための大統領になる」と述べた。

また、優れた経済政策を用意しているとし、米経済成長を倍加させるとともに、再生に向けたプロジェクトに乗り出すと表明した。

トランプ氏は70歳。米史上、最高齢で大統領に就任することになる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。