韓国検察、朴大統領親友の崔順実氏を拘束

国政に介入した疑惑

 10月31日、聯合ニュースなどによると、韓国検察は深夜、朴槿恵大統領の親友で、国政介入疑惑が持たれている崔順実氏(写真中央)の身柄を拘束した。提供写真(2016年 ロイター/Seo Myeong-gon/Yonhap via REUTERS)

[ソウル 1日 ロイター] - 聯合ニュースなどによると、韓国検察は10月31日深夜、朴槿恵大統領の親友で、国政介入疑惑が持たれている崔順実氏の身柄を拘束した。

崔氏は、大統領の親友という立場を利用して機密文書などを入手し、国政に口を挟んでいた疑いが指摘されているほか、財団を通じ個人的に利益を得ていたという疑惑もあり、検察当局が捜査を進めている。

聯合ニュースによると、崔氏には国外逃亡や証拠隠滅の恐れがあることから、検察当局は令状なしで緊急の身柄拘束に踏み切ったという。

韓国の法律に基づくと、最大48時間は令状なしで容疑者を緊急逮捕することが可能。それ以上の拘束には裁判所が発行する令状が必要。

崔氏は先週発行の世界日報とのインタビューで、大統領の演説草稿を入手したことは認めたが、それ以外の公的文書を取得したことはないと主張。国政に介入したり金銭的な利益を得たという疑惑も否定した。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。