韓国検察、朴大統領親友の崔順実氏を拘束

国政に介入した疑惑

 10月31日、聯合ニュースなどによると、韓国検察は深夜、朴槿恵大統領の親友で、国政介入疑惑が持たれている崔順実氏(写真中央)の身柄を拘束した。提供写真(2016年 ロイター/Seo Myeong-gon/Yonhap via REUTERS)

[ソウル 1日 ロイター] - 聯合ニュースなどによると、韓国検察は10月31日深夜、朴槿恵大統領の親友で、国政介入疑惑が持たれている崔順実氏の身柄を拘束した。

崔氏は、大統領の親友という立場を利用して機密文書などを入手し、国政に口を挟んでいた疑いが指摘されているほか、財団を通じ個人的に利益を得ていたという疑惑もあり、検察当局が捜査を進めている。

聯合ニュースによると、崔氏には国外逃亡や証拠隠滅の恐れがあることから、検察当局は令状なしで緊急の身柄拘束に踏み切ったという。

韓国の法律に基づくと、最大48時間は令状なしで容疑者を緊急逮捕することが可能。それ以上の拘束には裁判所が発行する令状が必要。

崔氏は先週発行の世界日報とのインタビューで、大統領の演説草稿を入手したことは認めたが、それ以外の公的文書を取得したことはないと主張。国政に介入したり金銭的な利益を得たという疑惑も否定した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。