韓国検察、朴大統領親友の崔順実氏を拘束

国政に介入した疑惑

 10月31日、聯合ニュースなどによると、韓国検察は深夜、朴槿恵大統領の親友で、国政介入疑惑が持たれている崔順実氏(写真中央)の身柄を拘束した。提供写真(2016年 ロイター/Seo Myeong-gon/Yonhap via REUTERS)

[ソウル 1日 ロイター] - 聯合ニュースなどによると、韓国検察は10月31日深夜、朴槿恵大統領の親友で、国政介入疑惑が持たれている崔順実氏の身柄を拘束した。

崔氏は、大統領の親友という立場を利用して機密文書などを入手し、国政に口を挟んでいた疑いが指摘されているほか、財団を通じ個人的に利益を得ていたという疑惑もあり、検察当局が捜査を進めている。

聯合ニュースによると、崔氏には国外逃亡や証拠隠滅の恐れがあることから、検察当局は令状なしで緊急の身柄拘束に踏み切ったという。

韓国の法律に基づくと、最大48時間は令状なしで容疑者を緊急逮捕することが可能。それ以上の拘束には裁判所が発行する令状が必要。

崔氏は先週発行の世界日報とのインタビューで、大統領の演説草稿を入手したことは認めたが、それ以外の公的文書を取得したことはないと主張。国政に介入したり金銭的な利益を得たという疑惑も否定した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT