海の森水上競技場には何が埋まっているのか

東京湾に70以上もある人工島の正体

中防大橋と外側埋立地、奥に見えるのが新海面処分場

そしてこの外側埋立地には、まだ海面だけの場所があります。「新海面処分場」、通称「5代目夢の島」です。これが東京の、本当のゴミ最終処分場となります。というのはここがゴミで満杯になってしまうと、東京都はもう湾内のどこにも処分場を造れないからです。

都が使える海は荒川の河口から一直線上に引いた線と、多摩川の河口から一直線上に引いた線の中だけに限られ、それ以外は神奈川県と千葉県の所有となります。なにより東京湾というのは何万トン級の巨大船舶の通り道なので、これ以上むやみに埋立地を造ることができないのです。

さらにそんな「5代目夢の島」も、あとわずか50年で許容範囲を超えてしまうそうです。しかもその先東京から出るゴミの行方に関しては、今のところ何のビジョンもないといいます。何とも不確かで、不安だらけの未来ではないでしょうか。

人工島には造った人の「思い」がある

『東京湾諸島』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ともあれ、東京湾には70島余りの人工島が存在します。一度、地図やグーグルマップを開いて探してみてください。千葉、東京、神奈川3県の湾岸部を注意深く眺めていくと、なにやら不自然なほどに一直線の海岸線や、角ばった土地が海ぎわにびっしりあることに気づくはずです。それらがすべて、人の手によって造られた島々です。

自然の力によって生まれた自然島とは違って、人工島にはそれを造った人々がいて、彼らの意思と思いが残されています。歴史があり伝承があり、信仰があり怨念があるかもしれません。理念があり希望があり、失われたものの数だけ都市伝説が残されました。

さあ、あなたもそんな「東京湾諸島」の旅に、出掛けてみてはいかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT