海の森水上競技場には何が埋まっているのか 東京湾に70以上もある人工島の正体

印刷
A
A
中防大橋と外側埋立地、奥に見えるのが新海面処分場

そしてこの外側埋立地には、まだ海面だけの場所があります。「新海面処分場」、通称「5代目夢の島」です。これが東京の、本当のゴミ最終処分場となります。というのはここがゴミで満杯になってしまうと、東京都はもう湾内のどこにも処分場を造れないからです。

都が使える海は荒川の河口から一直線上に引いた線と、多摩川の河口から一直線上に引いた線の中だけに限られ、それ以外は神奈川県と千葉県の所有となります。なにより東京湾というのは何万トン級の巨大船舶の通り道なので、これ以上むやみに埋立地を造ることができないのです。

さらにそんな「5代目夢の島」も、あとわずか50年で許容範囲を超えてしまうそうです。しかもその先東京から出るゴミの行方に関しては、今のところ何のビジョンもないといいます。何とも不確かで、不安だらけの未来ではないでしょうか。

人工島には造った人の「思い」がある

『東京湾諸島』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ともあれ、東京湾には70島余りの人工島が存在します。一度、地図やグーグルマップを開いて探してみてください。千葉、東京、神奈川3県の湾岸部を注意深く眺めていくと、なにやら不自然なほどに一直線の海岸線や、角ばった土地が海ぎわにびっしりあることに気づくはずです。それらがすべて、人の手によって造られた島々です。

自然の力によって生まれた自然島とは違って、人工島にはそれを造った人々がいて、彼らの意思と思いが残されています。歴史があり伝承があり、信仰があり怨念があるかもしれません。理念があり希望があり、失われたものの数だけ都市伝説が残されました。

さあ、あなたもそんな「東京湾諸島」の旅に、出掛けてみてはいかがでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT