アメリカ大統領選は若年層が投票離れ

2人の候補者に幻滅

 10月24日、11月の米大統領選に関するロイター/イプソスの世論調査によると、投票に「必ず行く」、もしくは「たぶん行く」と答えた18─34歳の有権者は約52.2%で、2012年の同56.1%を下回った。写真はフロリダ州セントオーガスティンで開かれたトランプ候補者の演説集会で撮影(2016年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ボストン 24日 ロイター] - 11月の米大統領選に関するロイター/イプソスの世論調査によると、投票に「必ず行く」、もしくは「たぶん行く」と答えた18─34歳の有権者は約52.2%で、2012年の同56.1%を下回った。

候補者同士の非難合戦の様相を呈している今回の選挙が若年層を幻滅させ、投票という民主主義のプロセスに背を向ける結果につながっている。

若年層は支持政党にかかわらず、今回の選挙で不満をあらわにしている。民主党では、予備選でヒラリー・クリントン氏に敗北したバーニー・サンダース上院議員が若者の熱心な支持を受けた。共和党では、ドナルド・トランプ氏の女性やマイノリティー、移民に対する発言を投票しない理由に挙げる一部有権者もいる。

24日に18歳になったニューヨーク在住のブランドン・エプスタインさんは今年初め、サンダース氏に人生初の一票を投じようと考えていた。だが今、11月8日の投票には行かない考えだ。

「候補者の選択が理由だ。彼らは標準以下、あり得ないほど標準以下だ」と指摘。米マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生であるエプスタインさんは「何かが、恐ろしく間違っている」と悲観する。

こうした感情は、若い米国人が4年前より投票に熱心でないとする統計結果に広く反映されている。

調査は、全50州で10月1─17日に18─34歳の3088人を対象に実施された。2012年の対象者は同2141人だった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT