富士フイルム後発医薬、合弁白紙の理由

インド企業との合意解消、自社技術活用に軸足

ジェネリック医薬品は、特許切れの医薬品を安くつくって提供することにビジネスのミソがある。その技術は、特許を持っている他社が生み出したもので、ここに付加価値はつけにくい。

写真フィルムで培った技術の応用・転用がキモ

一方で、富士フイルムはその名のとおり、写真フィルムなどで培った技術・ノウハウをさまざまな分野へと応用・転用することで、競争力を持ちながら事業領域を広げてきている。その技術・ノウハウとは、合成・設計力やナノテクノロジー、生産技術などだ。それが生きる医薬品ビジネスは、「がん領域の新薬」「バイオ医薬品」「スーパージェネリック薬品」の3つという判断だ。

医薬品事業の中期展望として、14年までを事業基盤の確立時期、14~19年までを新薬・バイオによる成長時期、19年以降を大幅拡大時期と位置づけている富士フイルム。グループ中核事業への育成を目指し、アクセルを踏み込む。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT