やれば勝てる! 四季報発売前にすべきこと 『会社四季報』夏号発売までカウントダウン

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
拡大
縮小

事前予想をすることで「数字力」がつく

多くの投資家が、四季報の情報のうち、見向きもしない上位にランクするのが、「下向きの矢印」です。とりわけ、下向き2つの矢印は、「前号比で30%以上の営業利益の減額予想」、つまり大幅減額であり、株価も急落あるいは、底値低迷の場合が多い銘柄となっています。

拓殖大学・坂田ゼミナールでは、矢印を時系列で継続して調査・研究しています。企業業績の推移に興味を持った学生は、「企業業績と株価の関連性」や1株利益と1株配当の割合である配当性向に注目して「配当性向と株価関連性」などを卒業論文のテーマに選んで、読み応えのある内容を提出してくれます。もちろん、最高成績の「S」評価を得て卒業していきます。そして、数字に強い学生として、企業社会での一歩を歩んでくれています。企業業績に感度の強い学生は、その後も活躍する場面が多いようです。

実は、同ゼミナールでは、ちょうど夏号での矢印の「事前予想」を終えたところです。たとえば、ゼミ3年生の井上暁恵さんは、資生堂(4911)に注目して、時系列に決算短信の推移を報告してくれました。同社は、春号で「下向き2つの矢印」(前号比で30%以上の営業利益の減額予想)となっています。井上さんが就職先として志望する第一の業界が、「トイレタリー・化粧品」であるので、大手である同社の今後の業績に注視しているようです。

同社は、再生医療関連銘柄という見方もあります。井上さんをはじめ、ゼミナール生が夏号の矢印を予想しています。予想した矢印の向きが的中するかどうか、は重要です。けれども、予想作業を通して、企業から公表される財務諸表やプレスリリース、あるいは、経済新聞の記事や業績観測記事などを読み解くことで、企業の数字に敏感になります。誰にも盗まれることのない、生涯活用できる極意になるはずです。

これからのカウントダウン中には、さまざまなイベントがあります。まずは、いわゆるアベノミクスの3本の矢である「成長戦略」の詳細が公表されます。また、各政党による参議院選挙の焦点(公約)公表などです。こうした材料に関連する銘柄を春号、または、夏号で発掘するのは、カウントダウンの時期ならではの至福のときです。

世界文化遺産登録が間近の富士山は、美しくそびえ立つ雄壮な姿と、その広大な裾野が魅力的です。富士山にちなんで、初夏相場を彩る銘柄を、裾野を広げて選ぶ時期ではないでしょうか。
 

坂田 善種 ファイナンシャルプランナー 東洋大学講師

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

さかた よしたね / Yoshitane Sakata

 中央大学法学部法律学科卒業、同大学商学部会計学科卒業、同大学大学院商学研究科博士課程前期修了(商学修士)。専門は、財務会計・企業評価。大学院在籍時より、大手金融機関の資産運用設計システムの開発業務に従事し、1994年、FP資格取得後、主に富裕層向けの長期・安定的な資産運用設計を行う。投資研究会「シンデレラ株式投資研究会」「シンデレラFX研究会」(ともに現在、定員満席にて新規会員の募集はなし)の主任講師。東洋経済新報社『オール投資』(現在、休刊中)では、「勝ち逃げ」株式投資法を好評連載。業績を重視した低位割安成長銘柄の発掘には定評がある。『会社四季報』の読者歴は、40年を超える。
 


この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT