韓国大統領「今こそ憲法改正の検討を」

大統領再選禁止の変更が狙い?

 10月24日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は議会で演説し、今こそ憲法改正を検討する時だと述べた。大統領の再選を禁止している規定の変更を念頭としている。写真はソウルで3月代表撮影(2016年 ロイター)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、議会で演説し、今こそ憲法改正を検討する時だと述べた。大統領の再選を禁止している規定の変更を念頭としている。

朴大統領は「1回の任期で政策の継続性を維持して成果を出し、一体化した外交政策に取り組むのは困難である」と述べ、ただちに特別委員会を設置して憲法改正の討議を開始するよう求めた。

最後に憲法が改正されたのは1987年。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。