クリントン・トランプ両氏、最後に握手も

チャリティーに参加

 10月20日、米大統領選の民主党候補クリントン氏と共和党候補トランプ氏が、ニューヨークで開かれたアル・スミス元州知事記念基金の資金集めの夕食会に揃って出席、前日のTV討論会では行わなかった握手をして夕食会を後にした(2016年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン氏と共和党候補のドナルド・トランプ氏が20日、ニューヨークで開かれたアル・スミス元州知事記念基金の資金集めのための夕食会に揃って出席した。

ニューヨーク大司教のティモシー・ドーラン枢機卿を挟んで両隣に座ったヒラリー氏とトランプ氏は、お互いに皮肉たっぷりのジョークを交えたスピーチを行ったが、最後には、前日のTV討論会では行わなかった握手をして夕食会を後にした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT