森永製菓の「甘酒」が女性にバカ売れするワケ

ブーム到来で百花繚乱、市場は100億円超え

この結果、テレビの情報番組など、メディアでの取り扱いが大幅に増加。TwitterなどのSNS上でも「いい歳してニキビができたから甘酒飲んで寝よう」「ニキビ減ったし体調いいから甘酒続けたい」といった甘酒の美容・健康効果に関する投稿が多く見られるようになった。

市場全体の伸びを牽引するように、森永製菓の甘酒の売り上げは2009年から6年連続で増加、同期間で倍増した。冒頭の店員の言葉通り、「購入者の7割が女性」(会社側)だという。

清酒メーカーや飲食店も続々参入

スーパーの冷蔵コーナーにずらりと並ぶ甘酒。常温売り場にも置かれている(食品館イトーヨーカドー ららぽーと湘南平塚店にて記者撮影)

ブームを受け、大手の清酒メーカーも動き出している。人口減少や若者の酒離れを原因に、清酒の売り上げが伸び悩む中、急成長を続ける甘酒は垂涎の的だ。

月桂冠(京都)や大関(兵庫)、八海山(新潟)など、多くのメーカーも独自に甘酒の販売に乗り出した。

飲料メーカーだけではない。外食産業では、回転寿司大手「くら寿司」が2016年7月、甘酒をベースにした炭酸飲料の「シャリコーラ」を発売。夏バテ対策や美容・健康効果を訴求し、一時は販売休止に追い込まれるほどの大ヒットとなった。

用途はさらに広がる。料理に甘酒を加えると、コクが出やすい。東京新宿区にある「未来食カフェレストラン TUBU TUBU」は、砂糖などの甘味料のかわりに自家製の甘酒を、アイスやパウンドケーキの原料に用いている。レシピ投稿サイト「クックパッド」には、甘酒スムージーや甘酒ラテに加え、甘酒カレーや甘酒カルボナーラまでもが掲載されている。

家庭から回転寿司チェーンまで広がる甘酒ブーム。市場はどこまで拡大するか。森永製菓で食品のマーケティングを担当する田仲結子氏は、「テレビ効果で若者も飲むようになったが、依然として消費者の4割を50~60代が占める」と語る。

今後は、若者の需要をどれだけ取り込めるかが、成長のカギとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT