35歳エース記者が書けなくなった深刻な事情

「うつ急増」引き起こした現代人の悪弊とは?

こんなケースがありました。ある日、ある男性が焦燥しきった様子で、診察室に倒れ込むように入ってきました。坂東和彦(仮名)さん。35歳の新聞記者です。

がっちりとした体格で精悍な雰囲気の方ですが、その日はなんだか顔色が優れないようでした。「おはようございます。今日は、どうなさいましたか?」と尋ねると、大きくため息をついて、頭をかきむしりながら、「だめだ…頭が……、頭が回らない。うつだと思う…きつい」とうめくように言いました。

ヒトは1日17時間以上、覚醒し続けられない

尋ねてみれば、予想どおり、睡眠時間の不足、日常的なアルコール摂取など、新聞記者に典型的なうつ病の条件をすべて備えていたのです。坂東さんは、新聞社に就職してから地方を転々とし、30歳過ぎに東京本社へ異動。以降は、社会部記者としてかなり大きな仕事をしてきました。2カ月前から、仕事の関係で飲む機会が増え、追いかけていたある事件が終了した後、過呼吸発作が頻発するように。記事もうまく書けなくなって、私のもとを訪ねてきたというわけです。私は、睡眠不足とアルコールの問題を指摘しました。すると、坂東さんはいきなり怒り始めたのです。

『うつの常識、じつは非常識』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

坂東さんの言い分はこうです。

「自分はうつだからここへ来た。酒についての指導など希望していない。うつになったのは、酒とは関係ない。酒を飲む人間にだって治療を受ける権利はあるだろう。お説教はいいから薬を出してほしい」

もちろん、酒を飲む人にも治療を受ける権利はあります。しかし、薬物療法を受けることをご希望なさるなら、お酒はお控えいただかなければなりません。

坂東さんのように、「夜討ち朝駆け」が当然の日常を送っており、お酒もやめられない場合、どう治療すればいいのでしょうか。私が申し上げたのはただ一言、「週50時間睡眠を目指してほしい」ということでした。勤務日に夜の睡眠が減るのは仕方ありませんが、それでも何とか5~6時間は確保し、それより不足した分は、昼寝で補っていただくしかありません。それを心掛けないと、今度こそ本当に身体は壊れてしまいます。

ヒトの脳は、1日17時間を超えて覚醒を維持することはできません。しかも、その17時間のうちで記事を書くといった「高度な知的作業」を行える時間は、わずか数時間しかありません。睡眠不足とは、一時的に頭が悪くなることです。本当によい記事を書きたいのならば、睡眠によって脳に十分な充電を行い、コンディションを整えてほしいと思います。 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
50歳からの<br> お金の教科書

リタイアも見えてきた50歳。老後は1億円必要といわれ、不安なのはお金だが、どう向き合えばよいのか。高齢期は低リスクが第一。各種保険や仕組み債のリスクも盛り込み、人生100年時代の「正しい資産運用術」を個別具体的に指南。