マツダ「CX-3」がイマイチ売れていない理由

ディーゼルへのこだわりがもたらした誤算

トヨタ「C-HR」

CX-3と同じクラスには、このあとトヨタ自動車が「C-HR」という新型車を2016年内にも国内で発売する予定だ。ヴェゼル同様にハイブリッド車を用意するうえに、デザインが斬新で、事前の評価は高い。現状のままではCX-3にとって厳しい戦いが予想される。

マツダの販売姿勢は、安ければ安いほど良いというこの国の一部の消費者心理を是正し、モノにはすべて適正価格があることを伝えていく意味では正しいと思うが、エントリーモデルに相当するガソリン車がないのはやはり不利である。間口は広く取っておいたほうが望ましい。

海外では「CX-3」のガソリン車もある

海外のマツダ

そこで海外のいくつかの国のCX-3の状況を見ると、ガソリン車もある。ところが排気量は2Lと、車格に対しては不相応に大きい。これが日本でディーゼル専用車となっている理由のひとつかもしれない。車格を考えればデミオやアクセラに積まれている1.5Lがふさわしい。

CX-3の車両重量は、同じエンジンを積むアクセラより100kg近く軽い。筆者は以前、アクセラの1.5Lガソリン車に乗って、軽快な走りっぷりに感銘を受けた記憶があるから、少なくとも2WDならCX-3でも問題ないはずだ。

CX-3のインテリア

CX-3は躍動感あふれるデザインとシュアな走りを備え、昨年の改良で懸案だった乗り心地も改善された、すばらしいコンパクトSUVだと思う。だからこそマツダには、このクルマをより多くの人に体感してもらうためのステージづくりが課題となっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。