韓国検察、ロッテ会長ら3人を在宅起訴へ

逮捕されない見通し

 10月18日、聯合ニュースは、韓国の検察当局がロッテグループの重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長(写真中央)を起訴する予定だと報じた。ソウルで7月撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 18日 ロイター] - 聯合ニュースは18日、韓国の検察当局がロッテグループ創業者の重光武雄(韓国名・辛格浩)氏と、次男で同グループ会長の昭夫(同・辛東彬)氏、長男の宏之(同・辛東主)氏の3人を在宅起訴する予定だと報じた。数百万ドル規模の横領や背任の容疑が持たれており、関係筋によると、検察は捜査結果を19日にも発表する見通し。

武雄氏と宏之氏については、脱税の疑いも持たれている。

ロッテグループの広報担当者はコメントを控えた。

検察は9月、同会長に対する横領や背任容疑での逮捕状請求をソウル中央地裁により棄却されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT