阿蘇山噴火、これから何に警戒するべきか

4度もあった「巨大カルデラ噴火」の恐怖

そして、首都圏では20センチメートル、北海道と沖縄を除く列島のほぼ全域に10センチメートル以上の火山灰が降り積もる。そしてこの降灰域では電気・ガス・水道・交通網などのすべてのライフラインが停止し、1億人以上が日常生活を失うことになる。おまけに現状では、この状況下での救援・復旧活動はほぼ不可能である。これは、「日本喪失」にほかならない。

自然災害や事故の対策を講じる際に参考にされるのが「危険値」という概念である。この値は、その災害による予想死亡者数に発生確率を乗じたものだ。確かに巨大カルデラ噴火の発生確率は小さい。今後100年で約1%程度である。しかしその危険値は、首都直下地震より高く、南海トラフ巨大地震とほぼ同程度である。

火山列島に暮らすということ

『富士山大噴火と阿蘇山大爆発』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

日本喪失が起きるのならば、それはそれで諦めて日々楽しく暮らそう、という見解もあるだろう。しかし私たちの子々孫々が末永く安泰であってほしいと感じる方も多いのではないだろうか。

私たちは火山から多くの恩恵を与えられてきた。温泉はわかりやすい例だし、拙書『和食はなぜ美味しい』でも論じたように、実は世界に誇る「和食」も火山からの贈り物である。火山活動のおかげで山国となった列島は、昆布や鰹の旨味成分を効果的に抽出する軟水に恵まれたのだ。

だから、ちゃっかりと恩恵だけを享受しているのはずるいように感じる。火山からの試練を十分に理解して覚悟することも、火山の民が取るべき道ではなかろうか。もちろん覚悟は諦念ではない。未曾有の災害に対する立ち振る舞いを考える必要があるだろう。

もちろん私たち科学者は、巨大カルデラ噴火の予測に向けて観測を開始している。まずは体の中を調べるCTスキャンと同じ原理で、マグマ溜まりの大きさと位置を正確にイメージングすることだ。簡単なように思われるかもしれないが、日本の火山でマグマ溜まりを正確にとらえた例はないのだ。火山大国、技術立国としては情けないかぎりである。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT