「私はトランプ氏にわいせつ行為を受けた」

新たに女性2人が証言

 10月14日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏にわいせつ行為を受けたと主張する女性が相次いでいる問題で、新たに女性2人が過去にトランプ氏に体を触られたと名乗り出た。トランプ氏(2016年 ロイター/Mike Segar)

[グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)/ロサンゼルス 14日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏にわいせつ行為を受けたと主張する女性が相次いでいる問題で、新たに女性2人が14日、過去にトランプ氏に体を触られたと名乗り出た。

うち1人は、トランプ氏がホストを務めていた人気リアリティー番組「アパレンティス」の出演者で、2007年にトランプ氏にキスをされたり、胸などを触れたと主張した。

別の女性は米紙ワシントン・ポストとのインタビューで、1990年代初めにトランプ氏にナイトクラブでスカートの中に手を入れられたと主張。「わいせつ行為というよりは、自分にはそういう行為が許されることを証明するかのようだった」と語った。

トランプ陣営からコメントは得られていないが、トランプ氏は同日午後にノースカロライナ州で開かれた選挙集会で、証言している女性について「誰だかもわからない。目撃者さえいないだろう」と反発。「有名になりたいと思って名乗り出ている女性もいるのだろうが、すべてはでっち上げだ」と主張した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。