「私はトランプ氏にわいせつ行為を受けた」

新たに女性2人が証言

 10月14日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏にわいせつ行為を受けたと主張する女性が相次いでいる問題で、新たに女性2人が過去にトランプ氏に体を触られたと名乗り出た。トランプ氏(2016年 ロイター/Mike Segar)

[グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)/ロサンゼルス 14日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏にわいせつ行為を受けたと主張する女性が相次いでいる問題で、新たに女性2人が14日、過去にトランプ氏に体を触られたと名乗り出た。

うち1人は、トランプ氏がホストを務めていた人気リアリティー番組「アパレンティス」の出演者で、2007年にトランプ氏にキスをされたり、胸などを触れたと主張した。

別の女性は米紙ワシントン・ポストとのインタビューで、1990年代初めにトランプ氏にナイトクラブでスカートの中に手を入れられたと主張。「わいせつ行為というよりは、自分にはそういう行為が許されることを証明するかのようだった」と語った。

トランプ陣営からコメントは得られていないが、トランプ氏は同日午後にノースカロライナ州で開かれた選挙集会で、証言している女性について「誰だかもわからない。目撃者さえいないだろう」と反発。「有名になりたいと思って名乗り出ている女性もいるのだろうが、すべてはでっち上げだ」と主張した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT