「私はトランプ氏にわいせつ行為を受けた」

新たに女性2人が証言

 10月14日、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏にわいせつ行為を受けたと主張する女性が相次いでいる問題で、新たに女性2人が過去にトランプ氏に体を触られたと名乗り出た。トランプ氏(2016年 ロイター/Mike Segar)

[グリーンズボロ(米ノースカロライナ州)/ロサンゼルス 14日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏にわいせつ行為を受けたと主張する女性が相次いでいる問題で、新たに女性2人が14日、過去にトランプ氏に体を触られたと名乗り出た。

うち1人は、トランプ氏がホストを務めていた人気リアリティー番組「アパレンティス」の出演者で、2007年にトランプ氏にキスをされたり、胸などを触れたと主張した。

別の女性は米紙ワシントン・ポストとのインタビューで、1990年代初めにトランプ氏にナイトクラブでスカートの中に手を入れられたと主張。「わいせつ行為というよりは、自分にはそういう行為が許されることを証明するかのようだった」と語った。

トランプ陣営からコメントは得られていないが、トランプ氏は同日午後にノースカロライナ州で開かれた選挙集会で、証言している女性について「誰だかもわからない。目撃者さえいないだろう」と反発。「有名になりたいと思って名乗り出ている女性もいるのだろうが、すべてはでっち上げだ」と主張した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。