「働く既婚女性」が不倫にハマる超単純な理由

42歳2児の母、モテファッションで遊びまくる

以降、桃子さんは勝手気ままに、自由に生きるべく、外見から変えていく。“ママだから子育て優先”と諦めていたネイルサロンやまつ毛エクステに時間を確保。毎月1回は好きな映画を見て、3カ月に1回は観劇をする。コンパクトなピアノを購入し、レッスンも再開した。それと並行して、息子のサッカー当番、学校の役員も行う。以前と違い、ゆとりをもって参加していると、毎日が幸せになり、人を魅了する。そこで、あるインストラクターが彼女に好意を持ち接近してきた。それが最初の浮気相手になる。

「彼は当時28歳で、私よりも7歳年下でした。息子のサッカーチームにときどき教えに来てくれる人で、可もなく不可もない顔立ち。地方の国立大学出身で、そこのチームのキャプテンをやっていたそうです。本業が私と同じ保険業界だったので、練習の合間に雑談するうちに、“今度飲みに行きましょう”という展開になりました」

飲みには彼から誘ってきたというが、誘わせたのは桃子さんだ。

「すごい二の腕ね、と触ったり、笑顔がかわいいとホメたりしていました。あとは、サッカーについて、相手が熱く語るのをひたすら聞いていましたね。決め手となったのは、私のボディタッチでしょうね。意図的に二の腕をギュッと握ったり、肩を触ったりしていました。練習後のミーティングのときなどに、気がつけば近くにいるように。そんな彼が飲みに誘ってきたので、それに乗ることにしました」 

飲み会は震災から8カ月経った11月の土曜日だった。30歳手前で女性経験が少ない彼と恋愛関係になることは、赤子の手をひねるように簡単だったという。桃子さんは17時に東京・上野のチェーンのダイニング風の居酒屋を予約。彼がオゴれる程度の客単価のお店をあえて選んだ。2軒目はワインバーに行き、こちらは桃子さんもち。そのまま湯島のホテルに行った。

それにつけても、35歳の2児の母に28歳の独身サッカー男子が恋愛感情を持つのは、レディースコミックの世界だけだと思っていた。現実にそんなことが起こるのだろうかと勘ぐってしまうのは、モテない女のやっかみだろうか。そこで当日、桃子さんがどのようなファッションで行ったのかを、詳しく聞いてみた。

ブラジャーはチェリーピンクの“見せブラ”

『不倫女子のリアル』(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

「やはり、ちょっと相手が私のことをバカにできる、わかりやす~いモテファッションで行きましたよ。もともと、私もそういう甘めの服が好き。当日は、胸元が開いた白のフワフワのニットに、紺のタイトスカート。ブラジャーはわかりやすくチェリーピンクの“見せブラ”にしました。自分でもやりすぎだろうと思ったけれど、そのくらい視覚的な刺激がないと、男は……特に今の20代の草食男子は誘ってこないと思いました」

恋愛やデートに個性と知性は禁物。そう割り切れるようになったのは、「私が既婚者だからでしょう」と自己分析する。独身女性は賢く思われたいし、身持ちが固いこともアピールしたい。でも、それは結婚のため。不倫の場合は堂々とモテファッションを楽しみ、バカになれる。でも、“バカで男好きだと思われてもいい”と言い切れるのは、既婚者の余裕と自信が大きいのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。