「いきなり!ステーキ」が初値下げをしたワケ

主力商品をグラムあたり0.5円値下げ

「近年、フードコートのあり方が変わってきているのも大きい。昔は軽食中心。今は大型商業施設もフードコートに力を入れるようになってきている。たとえば牛たんの店などグレードの高い店が入っており“いろいろなものが食べられる楽しい場所”としてとらえられるようになった。イスやテーブルも、品質のよいものを使っている」(川野氏)

フードコート店ならば、出店にかかるコストも低くて済む。今後も出店スピードには拍車がかかりそうで、10月に出店する4店舗のほか、年内に北海道、岩手、佐賀などへの路面店やフードコート店の出店が決まっている。

3.他企業とのタイアップ

骨付きリブロース「トマホークステーキ」は600グラムで3600円

さらに裾野を広げるための戦略が、他企業とのコラボレーションやタイアップだ。さらなる知名度の向上、新規客の開拓が狙い。7月には赤坂サカスの食イベント「デリシャカス2016」に、TBSの人気番組「王様のブランチ」とのコラボ店舗を出店した。そのほかのタイアップ・コラボレーションの対象としては旅行代理店や、11月から公開されるラブストーリー映画、フィットネスクラブなど、広範囲にわたっている。

なお、前述のコラボ商品「王様のステーキ」は、現在「トマホークステーキ」という商品名で限定店舗で販売されている。10月からは対象店を20店舗に拡大しており、11月からは全店舗での提供予定だ。骨付きリブロースという種類の肉で、骨の重量を入れて600~700グラムに及ぶ巨大なステーキ(1グラム6円)だが、1日に、店舗で平均10個は売れるという。なんと、「シェアして食べる人はいないように思う」(川野氏)そうだ。

米国ニューヨーク店のイメージ図

このようにさまざまな戦略から見て「非常識度」はちょっと下がってしまったものの、万人にアピールするレストランへと変貌を遂げようとする、「いきなり!ステーキ」の姿がうかがえる。

しかし、同チェーンの舞台はいよいよ世界へと広がる。ニューヨーク店は工事が遅れ、開業時期が当初計画より延びてしまっているものの、12月10日に店舗竣工、年内の開店が予定されている。

「“立ち食いステーキ”のスタイルを現地の人に説明すると苦笑されますが、そんなのは全然気にしません。日本でも最初はそうでしたし」(川野氏)

「いきなり!ステーキ」流の非常識経営がニューヨークで受けるのかどうか。外食界からの注目が集まりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT