サラリーマンより大変? 医師の転職事情 退局をめぐる教授との攻防

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

ただここで辞意を翻しては、せっかくの固い決意も意味がありません。

どれだけ慰留を促されても、丁重な態度で臨むことが大切です。

そこでイライラして、「こんな医局にいても成長できない!」とか「教授の人間性に我慢がならん!」なんて本音(?)を言ってしまったら、もう大問題となります。医局の力というのは昔から比べると弱くなったかもしれませんが、まだまだ派遣病院というのは数多くありますし、何より医師の世界は狭いのです。その大学が位置する都道府県において、医科大学の教授は医療界に対して一定以上の影響を及ぼす存在です。

教授を怒らせるような退局理由を言ったりすると、恫喝されたり暴言を吐かれたり、ということもあるようです。そうなると学会などで教授に会ったときにあいさつもできなくなり、その後の医師人生にマイナスの影響をもたらしかねません。退局については冷静沈着な行動が必要なのです。

退局したらバラ色の人生となるか?

大学医局というのは基本的に組織上の縛りが大きく、派遣先がどこになるのかわからないという不安定な環境にあります。ただ専門医を取りたい、学位を取りたい、一定の技術を学びたいというモチベーションの下、理不尽な思いを持ちながら一定の年齢まで過ごす期間となります。それゆえ退局できたら給与は上がる、当直などの夜間勤務は少なくなる、教授とのストレスも消えるなどの希望は自然と大きくなります。実際に求人情報を見ても、“週4日、当直なし、1500万円”なんていう求人広告が目についたりします。

ただし条件がよいということは、何かしら落とし穴があることも多いのです。大学医局においてもメリット・デメリットがあるように、医局を出た後の一般の病院においても良い点、悪い点があります。

次のコラムでは、医局を出た後の医師の転職事情についてお話ししたいと思います。

中村 正志 医師専任キャリアコンサルタント

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

なかむら まさし

 1971年生まれ。関西学院大学社会学部卒。株式会社船井総合研究所にて旅行業、人材ビジネス業、教育機関、医療機関などのマーケティング支援や経営戦略策定を行った後、㈱ニューハンプシャーMCの設立に参画する。

2005年に医師向けの人材紹介サービス事業を開始。「FOR YOU」の経営理念に基づき、医療機関と医師、双方がハッピーになるマッチングを心掛けている。これまで300人以上の医師のキャリア設計に携わり、転職やアルバイト先の紹介だけでなく、医学生や研修医向けの勉強会なども主宰。なお2005年から執筆している「医師のキャリアを考えるブログ」は、投稿数が1000を越え、ドクターの読者も多い。国家資格 2級キャリアコンサルティング技能士


この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT