すごい「手書きアプリ」はここまで進化した

殴り書きも読み取って、確実にテキスト化

・MyScript Nebo 入手先

iPad Pro用 AppStoreへのリンク

Windows用 Microsoft Storeへのリンク

このアプリの特徴は、殴り書きでもきちんと手書きをテキストにしてくれることだ。百聞は一見に如かずなので、アプリをダウンロードして試していただくのがいいのだが、以下の画面は、筆者が速記並み(数秒)で書きとったメモをテキスト化した結果だ。こんなに汚い字でもきちんとテキスト化されていることに注目していただきたい。文字だけでなく、図形も認識して「整形」してくれる。

とにかく、文字認識の精度とスピードは圧巻

・MyScript Neboをつかってみた

このアプリでは、ノートのように「ラインの中に文字を書いていく」という制約があること、行をまたいだ文は正確に読み取れない(文章が途切れて認識されるため)という欠点があるものの、そのことさえしっかりわかっていれば、どんどんメモをとっていける。しかも、テキスト化は一括で行えるので、「ペンで殴り書きした議事録をあとからテキストに起こして配布用にする」こともできる。

個人的には、テキスト化せずとも背後で「認識」は行われているため、手書きのままでも検索ができることが便利だ、と思う。たとえば、メモ全体から「ポケモン」という文字を検索したいときは、検索欄に「ポケモン」とテキスト入力すると、そこから「手書き文字」が検索結果としてピックアップされるのだ。文字メモを中心に使う人には、まずおすすめのアプリである。

ただ、このアプリは「紙のノート」ほどレイアウトに自由度はない。図や文字を、自由に好きな場所に書けるのがノートの良さだが、制約が意外と多い。認識機能よりもそうした使い方を求めているなら、「Note Always」がおすすめだ。こちらはiPad専用で、600円の有料アプリだが、体験してみるだけの価値はあると断言できる。ちなみに国産だ。

Note Always入手先

本当はこちらこそ動画を見ていただくのがいいのだが、とりあえず画面をみていただきたい。フリーレイアウトのノート画面が表示されるのだが、そこではなにを書いてもいい。これまでの手書きメモの問題点は、書いた後の修正が面倒だったことにあるが、Note Alwaysはそこがスゴイ。

次ページ編集も直感的に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT